マヤ暦の真実

   
     
   

TBS/BS 2010年

お正月の番組から

HOME  | Y-ASAKAWA  |  ABOUT  |  PROFILE TOKUNOKURA  |  CONTACTTOWN HALL   |   BLOG

         
 

What's New

 
 

 
 

2012年12月21日マヤ暦の真実

2012年というカレンダーイヤーは、精神世界系の人では大きな話題となった年でした。  欧米からの情報では、2012年の冬至には地球規模のカタストロフィが起き、人類滅亡のようなイベントが起こるとして人々を「恐怖」に陥れるようなことが多かったのです。 その主なトリガーが「マヤ暦の終焉」、マヤカレンダーが2012年の12月21日に終わりをつげることだったのです。

この記事を書いている2017年の年末においては、この2012年の大騒ぎはいったい何だったのか?? 結局は欧米のメディア、情報によって振り回された 我々(おかちゃんも含まれます)、そして2012年問題で大きく収益を上げた映画、一部の精神世界系の団体。 あれから5年たった、2017年という時の流れが、浅川嘉富先生ナビゲートしたこの番組が伝えたことが「マヤ暦の真実だった」「マヤの長老、ドン・アレハンドロ氏」のメッセージの通りだったことに愕然とするのです。

このような内容の番組を埋もれてしまっていては、もったいない、否社会にとっては、損失につながると思い、思い切って、ネットに載せることにいたしました。 (但し、限定公開です)

 
 
 

 

2012年12月21日 マヤ暦の真実

その暦は世界の終末を予言したのか。

TBS・BSの電波を使って、2010年のお正月、元旦と二日目の二夜連続に合計4時間番組でした。

第二日目のDVDをお借りして、動画をMP4に変換、YouTubeの動画サイトの「限定公開」としてアップいたしました。

30分の内容を4本に分けて、アップしております。 合計データ量は3.2ギガバイトほどになりました。

 

40年間にわたり、テレビを全く見ない、おかちゃんはつい最近まで、このような番組があったことがしりませんでした。 番組ナビゲータの浅川嘉富先生からDVDをお借りして、第二日目の番組を見る機会をいただいたのです

 
 
 
 

 
 

マヤの長老・ドンアレハンドロ氏と浅川嘉富先生との対談 2009年10月

 
 
 
 

TBSのスタジオでの収録風景 2009年12月

 
 
 
 

2012年12月21日・マヤ暦の真実 第二日目の放映から YouTube

 
 

 

 

 

No.1/4

No.2/4

 

 

 

No.3/4

 

No.4/4

 
 
 
 

マヤ・スピリチュアルガイド長老会議の宣言文 statement

我々が持ついくつもの数の単位の中にはトゥン、カトゥン、バクトゥンなどがあり、13チョルトゥンに400年が1単位のバクトゥンを掛けるとソル(太陽)歴の5200年という我々の持つソル・カレンダーの単位になる。 第5の太陽が終息に向かっている現在、政治、経済、社会に大きな変革が現れている。

この新たな時代に向けて我々は先祖の歩んだ本来の道に回帰しなければならない。 これより来たる第6の太陽に向かい、改めて警鐘を鳴らしたいのは、この第5の太陽の終息が我々の滅亡に繋がることは決してないということである。

人類が自ら招いた破壊活動により天変地異が顕在化してきている昨今、マヤカレンダー、第5の太陽の終息をこれらの現象と結びつけ、営利目的でマヤの名を騙り利益をむさぼっている 人々が横行しており、ゆゆしき事態が生じております。皆様にはこれらのデマに惑わされることなく、良識を持って平常心で日々を送って頂きたい。

第6の太陽に向かい、皆で手を携え粛々と歩んで行こうではありませんか。恐れることなく良心を持ち、それぞれの民族のルーツに回帰し、先人が歩んだ道をたゆまなく、慈しみあいながら生きていきましょう。

シリロ・ペレス・オシュラ
マヤ先住民族会議大長老 ガテマラ国マヤ先住民族全権大使

メッセージ発行2010年

 
 
 
 

マヤの長老・ドンアルハンドロ氏からのメッセージ要約

番組の動画部分、最後の章でマヤの長老・ドンアルハンドロ氏から伝えられたメッセージは重要と思いまわれます。 この部分を要約してみました。

 
 
 
 

 
 
 
 


しっかりの握手をし合うドンアルハンドロ氏と浅川先生

 

ホーム 浅川嘉富の世界 龍蛇族とは プロフィール 徳乃蔵 お問い合わせ 皆の広場 ブログへ


Copyright © 2017 龍蛇族.com All Right Reserved.